結婚式お呼ばれマナー >> なにを着ていくの? >> 兄弟姉妹の服装

兄弟姉妹の服装

兄弟姉妹の服装

新郎新婦の兄弟、姉妹はどういった服装で結婚式に望むべきなのでしょうか?兄弟姉妹の場合、服装は新郎新婦よりも少し格を下げたものにしましょう。

したがって準礼装ということになるのです。結婚式の際、新郎新婦の兄弟・姉妹は両親ほど格式に気を使わなくてもいいと思います。

兄弟の場合はブラックスーツが一般的で、学生の場合はブレザーやジャケットでもかまわないようです。

姉妹の場合は振袖やアフタヌーンドレス、カクテルドレスなどですが、花嫁のカラードレスよりも控えめにしましょう。

隣に座るわけでもなく、席も親族の集まるテーブルに座ることが多いと思うので特に格式が違うからといっても違和感はないと思われるのです。

通常兄弟が子供だという場合以外はブラックスーツやディレクターズスーツを身につける、というのが一般的となっているのです。

男性の場合はブラックスーツ、女性の場合は黒留袖、色留袖または新婦のカラードレスよりも控えめなアフタヌーンドレスかイブニングドレス、華やかな感じのワンピースやスーツを着用するようにしましょう。

かといって極端に結婚式とあわない服装だとそれだけで違和感が出てしまうのでいくら身内とはいえども、マナーは守って基本的な礼服や成人ならばスーツを着用するようにしてくだい。

通常兄弟が子供だという場合以外はブラックスーツやディレクターズスーツを身につける、というのが一般的となっているのです。

姉妹の場合はセミアフタヌーンドレスかカクテルドレスというところに落ち着くのです。

和装をするのであれば、色留袖、訪問着、紋付色無地といったところなのです。

結婚式の親族の服装は、両親と祖父母の場合は新郎新婦の婚礼衣装の格式に合わせるようにしましょう。

他の親族の場合は洋装でも和装でもかまわないのです。

服装の基本はフォーマルですが、最近では賑やかな雰囲気を演出したり、かしこまったりするのを嫌がってか、カラフルなスーツの方もいるようですし、ビックリするような格好な人もいるのです。

結婚式の雰囲気を壊さない服装に気をつかいつつ、お祝いの席を盛り上げるのも楽しいと思うのです。

ただし、結婚式の服装はフォーマルなのです。若い妹の場合は新婦が大振り袖で妹が中振り袖という形もいいと思います。

       

結婚式お呼ばれマナーは、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:お酒はほどほどに

結婚式での飲み物マナーですが、お酒の席ではお酒を飲めない場合であっても、乾杯のお酒まで断るのは不作法・・・